大腸の腫瘍

手術室

日本で近年増えているとされるのが、大腸がんです。この大腸がんとは、結腸・直腸・肛門などの大腸に発生する腫瘍の事です。大腸がんにかかると、血便、便が細い、腹痛、貧血、体重減少などの症状が見られます。この中でも、血便の症状は良く見られます。 実は、大腸がんになりやすい人には共通した特徴があります。それは、直系の親族に腸の病気を発症した人がいる方です。その他にも、肥満気味な方も結腸がんリスクになる可能性が高いです。また、普段の食生活で過剰な飲酒習慣がある人、加工肉を頻繁に食べる人もがんリスクが高いです。上記の特徴に当てはまる場合は、早めに消化器科、胃腸科などを受診することが大切です。病院で早期発見をすれば、確実に治すことができます。

大腸がんは、病院の定期健診で早期発見をすることが可能です。具体的な検査方法は、大腸内視鏡と呼ばれる方法が行なわれます。これは、内視鏡を肛門から挿入して大腸の内部を直接観察するものです。直接大腸を確認できるので、出血や炎症、ポリープやがんなどの発見ができます。それと同時に、内視鏡の先端で粘膜を採取して良性・悪性の検査を行えます。この検査では、検査を行う前に下剤や水を飲んで大腸内を空っぽにしなければいけません。 その他にも、便潜血検査も大腸がんの発見に有効です。大腸などの消化管に異常があると、便に血が混じります。この検査では、少量の出血をチェックすることで早期発見に繋げられます。病気の心配がある人は、上記の検査を受けると良いです。


大腸がんについて

検査機器

大腸がんと診断され、手術を行い肛門を失う場合があります。その際は人口肛門を付けることで排出が可能になります。人口肛門をつける際は医師の診断や定期的な検査をきちんと受けましょう。

Read more »

症状に気をつける

医師

脳動脈奇形は、いろいろな症状が出てきます、中でも頭痛に悩まされる人が多くいます。頭痛の症状が長く続く時や他の症状が見られた時には、注意が必要になります。脳内出血のリスクもあるので、しっかりと経過を見ることが大切です。

Read more »

適切な治療

レントゲン写真

すい臓がんは、自覚症状がなく、すい臓がんとわかった時には、他の部分に転移していることがあります。そういった時には、適切な治療をうける必要があります。その中に、免疫療法があります。

Read more »